○大崎地域広域行政事務組合例規審議委員会要綱

昭和56年6月23日

要綱第1号

第1条 大崎地域広域行政事務組合例規審議委員会(以下「委員会」という。)は,管理者の命を受け,条例,規則等に関する重要事項を審議する。

第2条 委員会は,会長,副会長及び委員若干名でこれを組織する。

第3条 会長は事務局総務課長,副会長は消防本部総務課長をもってこれに充てる。

(平17訓令甲6,平20訓令甲9・平31訓令甲6・一部改正)

第4条 委員は,係長職以上にある者のうちから管理者が命ずる。

2 委員の任期は,3年とする。ただし,委員に欠員を生じたとき新たに任命された委員の任期は,前任者の残任期間とする。なお,再任を妨げない。

(平17訓令甲6・一部改正)

第5条 会長は,会務を総理し,会議の議長となる。

2 会長に事故あるときは,副会長がその職務を代理する。

3 会長,副会長に事故あるときは,あらかじめ会長の指名する委員がその職務を代理する。

(平17訓令甲6・一部改正)

第6条 委員会の庶務は,総務課において行う。

(平17訓令甲6・一部改正)

第7条 委員会は,委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。ただし,会長において必要があると認めたときは,この限りではない。

第8条 議事は,出席委員の一致によりこれを決定する。

第9条 委員会は,必要があると認めたときは,関係者をして会議に出席させて意見を述べさせることができる。

附 則

この要綱は,昭和56年7月1日から施行する。

附 則(平成17年4月1日訓令甲第6号)

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(平成20年3月31日訓令甲第9号)

この訓令は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成31年2月25日訓令甲第6号)

この訓令は,平成31年4月1日から施行する。

大崎地域広域行政事務組合例規審議委員会要綱

昭和56年6月23日 要綱第1号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第4編 行政一般/第2章 附属機関・内部委員会
沿革情報
昭和56年6月23日 要綱第1号
平成17年4月1日 訓令甲第6号
平成20年3月31日 訓令甲第9号
平成31年2月25日 訓令甲第6号